研究関連メモ(aphantasia, CCSM 2015年7月)

FB経由で知ったaphantasia (心的イメージを作ることができない)という話。講義で使うNed Blockの話で「哲学的ゾンビの話を講義ですると2/3は理解するが1/3は(その可能性すら)理解できない」という話に近いかも。

さらにその着想のもととなった症例報告では冠動脈形成術を受けてから心的イメージを失っている(がimagery課題はできる)。よってBlindsightの向こうを張って‘blind imagination’と表現している。

つかこれみんなホントのところどうなのか聞いてみたい。私は心的イメージは無いわけではないけど、彼らのVVIQによれば”Perfecting clear and lively as real seeing”ではなくて”Dim and vague; flat”の方だと思う。

今みたものを目をつぶって思い浮かべたときに直観像的に画像が目に浮かぶというよりは、黒い背景に筆でそのシーンを書き込むように、なんかmotorを起源としたものして持っているように思うのだけれど。

このこととsensorimotor contingency的な考えへの親和性には相関があるのかも。われわれそれぞれがなんらか心と脳の理論を持っていてその妥当性の判断基準は実は心像やら夢やらそういったものの処理能力によって制約を受けているのかも。つまりembodiedってことだけど。


洗顔か何かで顔をこすりすぎて、鼻の穴の入り口にかさぶたが出来てしまった。そしたら視野のなかでかさぶたが目立つ。どういうことかというと、普段は視野から見える鼻は片眼からしか見えないから両眼視野闘争で負けて見えないのだけど、かさぶたでサリエンシーが上がって勝ち残ったのだな。


Robert Kentridgeが盲視での色の論文を出していたことに気がついた。Curr Biol 2012でreferしていなかった。これは恥ずかしい。

Kentridgeが書いてくれたDispatchでは、ヒト盲視において色(PNAS2007)や動き(PNAS2011)の処理の原理が異なっていること、盲視におけるcueingの必要性など、この論文で書ききれなかったことを補ってくれている。

他の人がどのように自分の仕事を引用しているか調べると、自分では使わないようなフレーズが出てきて参考になる。たとえば、いつもanimal model of blindsightと書いてきたけど、experimental blindsightって言い方はよさそう。


VMware FusionでUbuntuを使っているんだけど、USキーボードとKarabinerで運用しているので、Macのほうでコマンドキーを押してUbuntuに移ってくるといちいちCaps Lockがかかるのがウザい。「Caps Lock キーの機能が逆になることがある」

解決法としては、Ubuntu上でもう一回コマンドキーを押せばいいのだが、そうするといちいちDashが立ち上がるのでESCで閉じる。これまたウザい。この問題をずっと放置していたのだけれど、CCSMというやつで解決できることを知った。

CCSMをsoftware centerからインストールして、Desktop > Unity plugin > key to show dashをsuperからsuper + shiftに変更。これでcommandキーを押してもdashがポップアウトしなくなった。快適だ!


細胞外電極はなにを見ているか2017年5月版

もう10年近く前のことになるけど、以前ブログのエントリで「細胞外電極はなにを見ているか」それから「細胞外電極はなにを見ているか リニューアル版」というのを書いた。このときのコメント欄を見てもらうと分かるのだけど、私の理解が正しくなくて「volume current source density」と表示しないといけないところを「電流」と書いているために混乱しているところがあった。

それからあとOKさんから指摘をいただいたけど、PDFファイルのp.9の注釈10 「ある小領域に流入出する電流 $I$ が電場 $E$ を引き起こす。これはどんな環境でも成り立つ。$\sigma\nabla E = -I$ 」ここは完全に間違っている。

これらを直したいのだけど、部分的に直すのではなんともなりそうにないので、別の文書を作成して、基本からひととおり説明を作ることにした。目標としては、二つの式、(1) 電流源密度CSD解析の式

\[ \sigma\nabla^2\Phi = -I_m \]

そして(2) ある一つの小領域での電流源 $I_m$ が $r$ 離れた部分に置いた細胞外電極に作る電位の式

\[ \Phi (r) = -\frac{I_m}{4\pi r} \]

をマクロなスケールでのマクスウェルの法則と準静的条件から導く、ということをしたい。

実のところ長年なんとかしなくてはと思ってはいたのだけど、さいきん『ニューロンの生物物理』第2版を読んで第9章に非常に詳しい説明があるのを知った。それでそこを起点にしていろいろ勉強したので、そのノートをアップするという次第。

以下のslideshareへのリンクから。

細胞外電極はなにを見ているか2017年5月版 from Masatoshi Yoshida

「吉田=ホセ」の法則 (さうして、このごろ2015年7月)

Harvard squareで昼ごはん。ネットで評判を見て、Flat Pattiesでチーズバーガー頼んだ。4ドルなのにパンの部分が絶妙にカリフワでうまかったので大正解。

注文のときにおねえさんに(出来上がったときに呼び出しに使う)名前は?って聞かれたので「YOSHIDA」って答えたらわからんって顔したので、「YOSHI」って言ったら、注文票に「JOCE」って書かれていた。なるほどこういう風に聞こえるのか、と感心した。

ハンバーガー焼いて手渡ししてくれるおっちゃんは注文票の「JOCE」を見て「ホセ?」と聞いてきた。思わず吹いたが、予想できる事態だったので、慌てず対応してすぐハンバーガーをゲットできた。これからこういう場合は「ホセ」と名乗ることにしようと思う。


今年の我が家の会心のズッキーニ。デカい。


"procrastination"(先延ばし)って単語、語感が無駄にかっこいいから好き。もっとキモいのにすればいいのに。「ズモフ」とか。

「サークル・クラッシャー」とか「オタサーの姫」とか「童貞を殺す服」とかそういうフレーズが世をにぎわすたびに、俺の人生にはもはや全く関係のないことのはずなのに、なぜか25歳の俺に戻って、胸を痛めてしまう。

中学校の卒業前くらいに体育の授業でレポートが要求されて、その頃なんかで読んだ、今で言うところのHIIT(50m全速力を一日4回くらいを一週間続ける)を実践してレポート提出したら、体育教師にお前ふざけてんのかと凄まれた。急に思い出した。今にして思えばあれが体育学を忌避した遠因だな。

デトロイト・メタル・シティってあまりピンとこなかったというか、出落ちすぎて続けて読む動機がないなと思ってはじめの方しか読んでなかったのだけれど、もしかしてあれは「デロリンマン」の系譜で読めばいいのではないかということにふと考えが至った。そう読めば泣けるかもしれない。泣きたい。

Teenage FanclubのThe Conceptについてのコメントで"The "Aaaaaaahs" kill me."っていう表現を見つけた。"Aaaaaaahs"ってのは組曲構成の後半のあれのことだけど、Aaaaaaahsにもtheが付きうるんだ、って面白く思った。


次男を連れて岡崎城の目の前の乙川カヌー体験コース行ってきた。次男は何度かこういうの行ってるのでけっこううまい。上手なお兄さんにカヌー上でボール操る方法とか教わってた。私はバランス悪くて一回転覆させた。薬学ボート部だったのに!

貴重品は身に付けて、とのインストラクションだったので財布をポケットに入れてた。転覆によって財布はずぶ濡れ。お札を扇風機で乾かしてる。川で財布落とさなくてよかった。乙川は真ん中の方は後が届かないくらい深いことを知った。岡崎に19年いてこの川で泳いだのは初めてのことだった。


研究関連メモ(スパイキング・ニューロンを用いたモデリング関連)

ここさいきんspiking network modelについての仕事を進めているので、この機会に勉強しようと思ってIzhikevichのDynamical Systems in Neuroscienceを精読し始めた。

そしたら、第1章の段階で劇的に面白くてわかりやすい。これのFig.1.15の説明で、4種類の分岐によってニューロンの発火様式が説明できるというのを見て、だいたい満足してしまった。ある意味これ以降はこの図に書いてあることのより正確な説明なわけで、本としても見通しが良くて素晴らしい。

数式よりも図で理解させるというのが徹底してるし、図が過不足なく説明したいことだけが書いてあって、図にあるけど理解できないこと、というのが無いのでフラストレーションがたまらない。 1章(PDF)は著者のサイトから読める。

その昔、薬学部に入ったときに「生命を捉えなおす」を読んで感激しつつも、清水博先生が退官直前だし、プログラミングもできなかったし、高校の物理で挫折した自分には向いてないと思ってこういう人生を選択したけど、いま自分が高校生だったらこっちへ進んだかも。Pythonでできるわけだし。


Dynamical Systems in Neuroscience (Izhikevich)は4章まで読み終わった。図が多いのでページ数のわりによく進む。とりあえずNaとKだけのモデルで二次元の相空間で入力電流の大きさによってサドルノード分岐とかするところまで来た。激楽しい。

いまうちでRichardが使っているのはAdExモデルなので、それのもととなるIzhikevichモデルを理解して、とりあえずの目標としてはNEST使えるようになるところまで行きたい。

NESTだけでなく、Brianとか学習向けとしてはよさそうだし、何から触ればよいのかはまだ思案中。とりあえずIzhikevich本のmatlabコードは以前からいじってる。Processingでのコードというのも見つけた。


AdExニューロンモデルと"Neuronal Dynamics"の著者であるWulfram GerstnerのMOOCを見つけた。何個か見たけどよい。イズケビッチ本の次はこれか。


Brianのデモをいじくってた。Anaconda上のpipでインストールして、iPython上でデモプログラムを動かす。HHニューロン4000個で上が興奮性3つ、下が抑制性3つ。楽しい。


ひさびさに良いニュースがあった。もうすこしBrianとかいじったりとかする方向を伸ばす余地が出てきた。なにをしようとしているのかというと、IITとか予想コードとかそういったものを神経生理学の知見を踏まえて刷新するためには、昨今のasynchronous stateとかEIバランスとかそういったものを踏まえて、spikeとsynaptic conductanceのレベルから力学系的に扱うような粒度でネットワークの状態を評価するべきで、そのために必要なことでここ20年放置していたことを勉強し直そうというわけだった。言うことだけは威勢がよいが。

だからこれも意識研究への道であり、決してサイドプロジェクトではないのだけれど、なんか回り道している感はある。でも、薬学以来のパッチクランプとかあのレベルの知識がここでこそ活きるのではないかとか思ってる。


研究メモ: 球面集中現象、一級マイクロサッカード鑑定士など(20160831まで)


「次元の呪いと球面集中現象」の話が好き。僕らは身長とか足の速さとかテストの成績とかの多次元から成り立っていて「全てにおいて平均的」(超球の中心からの距離=0)ということはありえなくて、みんなが同じくらいどっかずれてる。これって救いだろ?

この図は1-100次元の独立な正規分布の原点からの距離を計算して、期待値(=sqrt(次元数) )で割ってヒストグラムにしている。だんだん0に近いところに分布しているデータが少なくなることがわかる。

ただしこの分布はその多次元が独立であることと正規分布であることを前提としている。でも本当はそれぞれの次元は相関しているし、収入の分布みたいに正規分布してない。


田口茂さんの「現象学という思考」や鈴木貴之さんの「ぼくらが原子の集まりなら(略)」を読んでから、「表象主義批判」ではなくて「表象の起源を問うこと」こそが重要ではないかと考えるようになってきた。「哲学入門」(戸田山和久著)でルース・ミリカンを知ってから、このへんを読もうと思った。

「意味と目的の世界」ルース・ミリカンから始めようと思うが、植村恒一郎氏のブログでまとまった記述があるのを見つけた。これ読むと、人間とそれ以外の動物との違いとして後者には「オシツオサレツ表象」しか無いという議論をしていることが分かった。

このブログ記事では「アイちゃんに水を差すつもりはもちろんないが…」という表現があるけれども、松沢さんは「想像するちから」でチンパンジーは今を生きており、未来に絶望しないと書いている。これはミリカンの言ってることに近そう。

「動物の時間表象は、複数の時間系列にとどまり、前方にどこまでも伸びてゆく線形時間ではない。この線形時間こそが、「未来を変えること」「新しいものの創造」を可能にするのだが、動物においては、これがほとんど欠けている。」引用元

というわけで気分が盛り上がってきたので「意味と目的の世界」を読んでみようと思う。ミリカン本人のサイトに出版前原稿がある。第1章では「パーソナルな目的」と「サブパーソナルな目的」のあいだに明確な区切りなんて無いよって話をしてる。いきなり面白い。


「シリーズ心の哲学〈3〉翻訳篇」にミリカンのbiosemanticsが訳出されていることを知ったので早速借りてきた。原文もresearchgateからゲットできた。

ミリカンの「固有機能」って言葉がキモいなあと思って原文調べてみたら"proper function"だった。要はproper noun(固有名詞)との対応付けで、言語との絡みであとで役に立つのだろう。戸田山本では「本来の機能」と訳してあった。同じもののことだとは気づかなかった。


"Mental representation, communication and the transition from animal to human" このスライドがわかりやすくてよかった。

Gärdenforsの論文も見つけた。Mental representationといっても二種類あって、cuedとdetachedがある。cuedは「イマココ」と直結していて、detachedはそこから徐々に離れてゆく。人間とそれ以外の動物の違いはこちらのほうが扱いやすそう。


「心の中の悪口について」のブクマコメント。こういう、なかなか言いにくい内面のことについてのデータが350人くらい集まっている。これって宝の山なんかないかと思うのだけど、どう料理すればよいのかわからない。


二つの正規分布するarrayを作って、array間の相関係数をいろいろ変えたものを作りたかったのだけど、MATLAB Centralでやり方を見つけた。 これでこんな図が作れた。

これはpairwiseだけど、複数のarrayでもいけるのか?と10次元バージョンを作るためにR = ones(10,10)*0.3; R(eye(10)==1) = 1;として、L = chol(R)を作ってみたら、たしかにいけた。原理はわからないが、すげえ(<-勉強しろ)。


「数年前に起きた東名高速の40キロ渋滞。この原因は、たった一台の追い越し車線への割り込みが原因だったことが分かっています」という記事を読んだ。

でも複雑系でこのように原因を特定する意義ってあるのかな? 砂山に砂を振りかけてゆけばあるタイミングで雪崩を起こすけれども、その雪崩を引き起こした砂に原因というか責任を帰属させるのは「お話としての説明」でしかなくて、制御において意味のあることとは思わないのだけど。

じっさい、ここで提案されている解決案もその「たった一台の追い越し車線への割り込み」を排除するような個別例への対策ではなくて、「アリは混んできたら詰めないって戦略を実践」といった統計的な対策であるわけで。


小学校の国語の時間にみんなの前で音読できない子と無理強いする先生の話。 いまにして思えばこれは場面緘黙症なのだが、当時は僕もわからなかった。今はちゃんと認知されているのだろうか?

この記事のはてブを読むとほとんどが「音読の意義」というタイトルへのレスポンスばかりで、本題の「どうして先生はそういうときに無理強いするかな」 って話になってない。正直これは酷いと思うけど、同時にどうやれば正しく伝わるのかなとも思う。


今日いま此処の俺は一級マイクロサッカード鑑定士を名乗ってもいいと思うくらいに波形を見続けた。

誰もいない部屋で、遊佐未森聞きながら、夏草の線路を歩く野球帽の少年のような心持ちで解析中。

Regular saccadeの直前にあるmicrosaccadeを見つけると、とてもレアなので、「レアマイクロサッカード、ゲットだぜ!」と言いたくなる。(<-言いたくならない)

そういう眼で見ると、これはサッカードの途中で軌道を変えたのではなくて、マイクロサッカードとレギュラーサッカードが同時に起こった例があるように思える。それを証明するのは難しいけれども、もし両者が並行して起こりうるなら、生成メカニズムの議論に寄与できるかも。

窓に並べたフラスコ瓶に月の雫集めながら解析していたら、一時間で1090試行しか解析できなかった。メロウな曲調では効率が落ちることがわかったので、バキバキにアガる曲のほうがよいか。EDMかけて解析する。

さあやっとこれから解析開始。まだデータは2/3残っている。うわあ なんだか凄いことになっちゃったぞ (<-他人事っぽいカンジで)

夏休みの宿題を8/31の夜中にやるような心持ちでマイクロサッカードの解析。あの日あの時あの場所で早めに手を付けていたなら、いまごろ僕らは(ry


ホッテントリに「『共感性羞恥』というあの現象 分かる分からないで盛り上がる人々」「経営者には“サイコパス”が多い」が並ぶのが、なんだか感慨深い。


お勧めエントリ

  • 細胞外電極はなにを見ているか(1) 20080727 (2) リニューアル版 20081107
  • 総説 長期記憶の脳内メカニズム 20100909
  • 駒場講義2013 「意識の科学的研究 - 盲視を起点に」20130626
  • 駒場講義2012レジメ 意識と注意の脳内メカニズム(1) 注意 20121010 (2) 意識 20121011
  • 視覚、注意、言語で3*2の背側、腹側経路説 20140119
  • 脳科学辞典の項目書いた 「盲視」 20130407
  • 脳科学辞典の項目書いた 「気づき」 20130228
  • 脳科学辞典の項目書いた 「サリエンシー」 20121224
  • 脳科学辞典の項目書いた 「マイクロサッケード」 20121227
  • 盲視でおこる「なにかあるかんじ」 20110126
  • DKL色空間についてまとめ 20090113
  • 科学基礎論学会 秋の研究例会 ワークショップ「意識の神経科学と神経現象学」レジメ 20131102
  • ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会レジメ 20130628
  • Marrのrepresentationとprocessをベイトソン流に解釈する (1) 20100317 (2) 20100317
  • 半側空間無視と同名半盲とは区別できるか?(1) 20080220 (2) 半側空間無視の原因部位は? 20080221
  • MarrのVisionの最初と最後だけを読む 20071213

月別過去ログ