2015年9月英国IPC2015およびSussex大学訪問記

ギリギリまでいろいろ準備してて、やっとオックスフォードに行く準備が出来た。寝室に掃除機をかけ、雑巾で畳を拭き清める。サセックス大学でのトークは今から作る。神経科学大会のシンポから半側空間無視を抜いて、上丘のスパイキングネットワークモデルを広げる方向で。

オックスフォードで開催されるinternational pupil colloquium (IPC 2015) でのトークは紆余曲折あってなぜか15分(質問込み)に。こちらは30分シンポジウム用に作ったものを改変しないといけない。無茶だ。

明日は朝早く羽田から出発。東横インから無料バスが出ていることを知った。British Airwaysは24時間前からチェックインできるし、モバイルアプリもあった。ということでだいたい準備整った。あとは寝坊さえしなければ。


イギリスに到着!ヒースロー空港の入国を通過するのに35分かかった。空港からオックスフォードに向かうバスに乗ったところ。最終目的地到着まであと80分。

飛行機の中でスライドとしゃべり完成させた。いつもの say -f talk.txt -v Alex -o talk.aiff でしゃべり音声ファイルを作って8分ちょっと。実際にしゃべるとたぶん12分くらいになるだろう。だいたい準備出来た。

会場はオックスフォード大学のうちPembroke Collegeというところで、この古めかしい建物の中はきれいな施設で、宿泊施設も講演会場もぜん揃ってる。

IMG_5757.JPG

昨日は22時までなんとか寝ないように粘ってから寝たら、途中4時に目覚めたけど最終的には7時まで眠ることができた。9時間睡眠って赤ちゃんかYO! 健康的だ!窓の外は雨が降っていて寒そう。イギリスだ。短パンポロシャツが使える機会はなさそう。

出張中に急ぎで対応しなければならない事項が勃発。シンポジウムもそこそこにメール作業へ。結果として飛行機に乗ってるあいだにスライドを終わらせておいて正解だった。今日は街を歩いて回る余裕はなさそう。

食事は朝昼晩TESCO express (スーパー)でサンドイッチと缶詰。つかポンド高すぎて外食できない。バーガーキングで7ポンド払ったら1300円相当とか笑える。


Pupil Colloquiumの後は @ksk_S さんに対応してもらってサセックス大学でセミナーをさせてもらうことになった。Webサイトに出てる。

時差ボケで眠いが、23時まで粘って発表練習してた。喋ってると眠さを抑えられる。通しでだいたい10分30秒。本番はもっと引っかかるから12分くらいか。まあ妥当な線。

知り合いがほとんどいない学会のうえ、座席についての夕食という状況で正直困ったが、隣りに座ったスペインから来たoptometristの院生がいい人だったので、それぞれの国の事情とか話しながら案外楽しく過ごした。


講演は無事終了!だいたい時間ぴったし。あとで名前の知らない初老の先生から"the most enthusiastic talk"と評されたので(いつものことではあるのだけれど)、それは必ずしもよくないですよね、と言ったらいい講演でしたよと言ってもらえた。今回は練習の成果があった。

一緒にチェアをしたArash Sahraieが講演前のコーヒーブレークで「フリービューイングの話、面白いね」と言ってくれたのだけど、準備していたのはSci RepsのYN課題の話なのだった。一瞬トークの内容を変更することも考えたが、練習全部ぶっ飛ぶのでそのまま行くことにした。

それから特筆するべきは、自分のトークの時間にLarry Weiskrantzが聞きに来てくれたことだ。彼は「盲視」という言葉を作った人でこの分野のゴッドファーザーだ。ずいぶんお歳を召していて耳も遠いようで挨拶するだけにとどまったが、ついにここまで辿り着いたかと感慨深い。

そして共同研究のきっかけも掴んできた。食事の後にさっそく何ができるかディスカッション。そんなに仕事増やしてどうすんの、という話もあるが、種を蒔けるときに蒔く。さいきん正直しんどい時期を迎えているのだが、なんだかもういっちょやったろうという気が出てきた。とはいえ今日は疲れた。寝る。


IPC2015、最終日のディナーも終了。隣りに座った大御所の先生に「君はとてもいい声をしているから歌を歌ったほうがよい。これが君にとって今回の学会における最大の教訓だ」と言われた。そんなこと言われたことないですよ、と答えても大真面目だった。明日から歌手に転向することにしますた。

Sussex大学のスライドもだいたい完成。前半awarenessで後半saliencyという構成。いま思案しているのは、[皮質下でのsaliency]と[皮質でのPE(bayesian surprise ~= saliency)]との関係の議論まで盛り込むかどうか。

皮質ではPEはpredictionとカップルしていて順逆ループを構成しているけど、皮質下でのサリエンシーはたぶん別の構造を持っている、みたいなことを議論してみたい。そういうことするのと、スパイキングネットワークの話を入れるのとどっちが面白がってもらえるかどうか。

IMG_5816.JPG

ブライトンに到着した!例の観覧車のあたり。B&B(と言っても朝食は出ない)の小さい部屋に入って、ベッドに寝転がって、さてくつろごうと思ってドクペを開封したら泡が噴出して、ベッドとズボンが台無し。ラップトップにも一部かかったがギリギリ回避。というわけでいきなりブルー。

Sussex大学でのセミナー終了! 参加人数は25人くらいで部屋の椅子は8割がた埋まる感じだったので、盛況と言ってよかったと思う。けっきょくYes-no課題、電気生理+ムシモル、サリエンシーで話をしたら時間いっぱいに。真ん中は削ってしまうくらいでバランスとしてはよかったようだ。

トークのあとで聞いた感じでは、データと結論がはっきりしていて説得的だとか褒めてもらえたので、だいたい良かったかんじ。あと、Michael F. Landが聞きに来てくれたのは良かった。日常生活での視線計測の大家だから期待していた。

Michael F. Landからのコメントは「フリービューイングでは被験者はimplicitなゴールを作ってしまうものだがどう対処している?」というものだった。これはFAQかつ難問で、Yarbusの課題の影響の議論を踏まえている。

答えとしては、「これは難問であって、複数の課題(たとえばwhere’s Waldo課題を含める)で比較しないと解決しない」「ただし現在のデータに関しては、centerに向かう傾向を除くために、peripheryに向かうサッカードだけで解析しても同じ結果が出る」ということを伝えた。

Anil Sethも来てくれてサリエンシーについて質問があったけど、こちらは「トップダウン注意はどう考慮すればいいと思う?」というこれまたFAQかつ難問。「課題のゴールを明示的にマーキングするなどの方法、そしてBayesian Surpriseで現在のモデルからの予想外を検出」というアプローチについて答えて、サリエンシーの問題がpredictive codingでのprediction errorとして捉えられることについてセミナー後に話をした。Friston 2012論文での顔を見ているときの視線データのモデル化についての話になったので、マカクは目を見ないけどマーモセットは目を見るので、そちらはデータを既に持っているのでモデル化するかも、とかそういう話をしてた。というわけでSussex大学への来訪もいろいろ収穫大きかった。


夜の帰り道(23時)に「ブライトン日本フェスティバル」に通りがかったらKissみたいなかぶりものしたバンドが演奏してた。観客に混じって一緒に踊っていたら「日本おめでとう!」とか言われて一緒に肩くんで踊った。帰ってきてから、ラグビーWCで日本が南アから大金星というニュースを知った。

UK出張の全行程が終了。ヒースロー空港に到着。3時間以上前に到着して、チェックインオープン前から並んだが、安全審査は5分で通過。拍子抜けした。

昨日の夜の寝苦しい時間から、バスに乗っている時間までのあいだに将来のいろんな可能性について極論含めていろいろ考え、なんだか頭が疲れた。それでも一休みすればもう一度なんとかしようという気持ちが湧いてくる。レジリエンス!


坪内ショウヨウ/三社祭/ネコちゃん警察署捜査本部 (さうして、このごろ2015年8月)

「おお、おお、おお、俺の『ネコちゃん警察署捜査本部』よ、いったいぜんたい、どこへいっちまったというんだい?」

「まどのそと」までは良いだろうが「つよいあめ」と繋がってはダメだ。まどのそとにはいったいなにがあるのがよいのだろう? ぼんやりプラットフォームに立っていたら、自分の後ろに人が並んだ。わたしは慌てて自販機に向かった。雪が降っていて、私はそのとき何かをやりきったつもりだった。

俺がGを恐れるのは、ほんとうは世の中にはもっと恐れるべきものがあるのだけれども、そういう気持ちを隠蔽して矛先をGに向けているためだ、という可能性はないのかと無理やり考えてみたが、さっぱりそんなあては見つからないのであった。これが認知的閉包というやつか。(<-言葉遊び)

ザッカーバーグの”Having two identities for yourself is an example of a lack of integrity”が今でも気になるのだけど、そもそもintegrityってわからないなあ。https://en.wikipedia.org/wiki/Integrity

「坪内ショウヨウ」っていう芸名を考えついた。「カセタイシュウ」くらいイケてると思う。

何年前の話だったか忘れたけど、次男と街歩いてたら本屋だかレコード屋だかの店頭に萌え絵のポスターがあって、それを見た次男が「なにこれ!鼻がない!」ってめちゃくちゃウケてたのを思い出した。それだけ。

トバ・カタストロフ理論 で「現世人類が総人口が1万人にまで激減した」って話がなんか好き。言語化しにくいけど、なんだか痛快なかんじ。


「高菜、食べてしまったんですか」ネタを振りたくなって、どんだけ元気一杯よ俺、とか思った。行ったことないのに。これとstudygiftだけは未だに気になるのだけど、なんでこれらに私はそんなに惹かれるのだろうか。多分私の欲望とか嫉妬とか弱点とか個性とかを反映しているのだろう。

あと、「スカスカおせち」も未だに気になる。あれは大震災の前の正月、思えばのんきな話だった。

「サークル・クラッシャー」とか「オタサーの姫」とか「童貞を殺す服」とかそういうフレーズが世をにぎわすたびに、俺の人生にはもはや全く関係のないことのはずなのに、なぜか25歳の俺に戻って、胸を痛めてしまう。

「サンテ・ド・ウ」に「デッセ・ジェニー」的な吉本センスを嗅ぎとったので調べてみたら、はたして参天製薬は大阪の会社だった。(<-「はたして」を使ってみたかっただけ)

いままで「リッチモンド」Richmondだと思っていたものが「リッジモント」Ridgemontであることに気がついて、福本漫画のように現実空間がグニャアとなるような衝撃を受けた。受けてない。

遊佐未森の曲の歌詞で「樹々に隠れた大きな家に一人で彼は住んでる何やら妙な研究してるそういう噂」ってのが好き。俺もそういうところで何やら妙な研究したい。


RDレインの「引き裂かれた自己」を大学生の頃に読んで大きく影響を受けたことを思い出した。どうしていままで忘れていたのだろう? このブログ記事で「存在の裂け目」という言葉を使ったときにこれがレイン本由来だったことに気がつなかかった。

レインの本のメッセージのひとつとして、統合失調症患者の内面に整合的な物語があるんだということを受け取ったし、いま私がご執心の(<-自分で言う?)過剰サリエンス説もそれのバイオロジカルなバージョンと言えなくもない。「反精神医学」とかそういう政治的なものには興味が無い。

そのへんの家族療法的なものと認知行動療法の関係とか知りたい。あと最近話題になっている「オープンダイアローグ」ってのもそのへんのはず。そういうことを知りたい。


6月28日@pooneil いつのことだったか、こういう梅雨の蒸し蒸しした時期に、浅草橋を通る用事があって、そういえばおもちゃ問屋のせがれがこの辺だったっけかとか思って通りかかってみたら、偶然、軒先で甚兵衛姿でビール飲んでた。

それで、飲む?みたいな展開になって、アサヒビール(スーパードライでもなければ黒生でもなく)と枝豆をご相伴に預かって、ご両親にお礼言って、気持よく帰ったおぼえがある。あのときのビールはうまかった。たぶん。

三社祭の時期かなと思ったけどあれは5月だから多分違う。軒先って…いいよね。(<-イケメンボイスで)


「生理研研究会 認知神経科学の先端 意識の脳内メカニズム」無事終了しました

今年の「生理研研究会 認知神経科学の先端」は「意識の脳内メカニズム」と題しまして、9/25-26に生理学研究所で開催され、無事終了しました。

これまでの生理研研究会がどんな感じだったかということについては過去のブログ記事を見てほしいのだけど、2007年から始まって、毎年テーマを変えながら「注意と意思決定」「社会性」「意識」「身体性」「推論」「メタ認知とuncertainty」「宣言的記憶」ときて、今回が10年目にして8回目の開催となります。

前回の研究会では、所属教室のPI伊佐正教授が京都大学へ異動することがその時点で確定していたので、「生理研研究会 認知神経科学の先端」はこれで終了、と宣言していました。現在私は生理研で後任の磯田昌岐教授のもとで助教としてこれまでの仕事を続けさせてもらっているのですが、生理研研究会に関してもこれまでと同じ形式で、提案代表者、所内対応教官(磯田教授)、世話人(吉田)という体制でさせていただくことになって、今年再開した次第です。

今年のテーマは2009年以来の「意識」を選び、理研BSIの村山正宜さんに提案代表者となっていただいて準備を進めてきました。2009年のときは国際研究集会として、海外からの講演者を含む12人のトークと、200人を超える参加者を集めて大々的に行いました。あれは2年後(2011年)に京都で開催されるASSC(association for scientific study of consciousness)年会のプレミーティングとしての役割も果たしていたわけでしたが。

それに対して今回の「意識」研究会の特色として考えたのは、1) 意識研究の裾野を広げるために、若い研究者に来てもらえるようにしたい、2) 村山正宜さんといっしょにやるからには、バイオロジー寄りの人にもっと意識研究に興味持ってもらえるようにしたい、ということでした。

1)の目的のために、ポスターセッションを行って、29人の方にポスターを出していただきました。また、講演ではチュートリアル的側面に重きをおいてもらうように講演者の方には依頼しました。ポスターセッションの方はフラッシュトーク付きでかつ急遽ポスター・アワードを開催することにしまして、懇親会終了後までつづく熱いポスターセッションとなりました。以下の金井さんのツイートがその様子を伝えているかと思います。

2)の目的のために、「Special session: 回路操作によって意識研究は可能か」を開催して、げっ歯類や線虫といった動物を使って回路操作を行って研究している方にトークをしていただきました。私自身も応援演説的に「optogeneticsやchemogeneticsは意識の起源を解明するのに役立つよ!」みたいな話をしてきました。

こちらに関しては、生物系の研究者が予想以上にたくさん参加してくれたこと(結局トータルで110人の参加となりました)からしても大成功だったのではないかと。あと、名大の池田宗樹さんによる線虫の統合情報量的解析のトークのあとの質問では、土谷さんから「ワクワク感が止まらない」という名言いただきました。ほかにもこれまでヒトやサルで意識研究をしてきた方にも刺さったようで、してやったりという気持ちです。

そういうわけで、トータル110人の参加、懇親会も80名の参加という、たいへん盛況な会として開催することができました。参加したみなさまありがとうございます。参加者の方にはアンケートの記入をお願いしています。締切は来週末、10/6(金)です。ぜひよろしくお願いします。

さてちょっと運営についてコメントを。今回の研究会はあいにくいつもの広い会場(岡崎カンファレンスセンター、大会議室の定員が200名)を予約することができなかったので、狭い会場(生理研の大会議室、定員90名くらい)での開催となりました。そういうわけで、これまでの研究会ではやったことがないのですが、不本意ながら「満員につき参加受付を閉じます」とアナウンスすることになってしまいました。そのうえ、閉じるタイミングが遅れたので、けっきょく90人の会場に110人の参加申込みがあるという状態に。

そういうわけで今回は対策として、1) 会場の後ろの方の机を撤去して椅子を並べる、 2) 隣の部屋に椅子を並べて講演のスライドとマイク音声が流れるようにする、ということでなんとか来た人全員に話が聞いてもらえるようにしました(100%技官の方のおかげ)。隣の部屋でトークを見てた人も10人弱はおられたので、後ろの席にいるよりも隣の部屋で聞いたほうがよいと判断された方はおられたということで、苦肉の策ではありましたがこれはやっておいて正解だったようです。しかしながら例年と較べて快適な会場でなかったのは確かで、ご不便をかけた方にはお詫びもうしあげます。来年以降また改善してゆきます。

さあさて、次回の生理研研究会の予定についてですが、すでに準備を始めております。次回の提案代表者になってもらう方に声をかけて、テーマを相談中。詳細決まり次第、ぜひ宣伝していきたいと思います。生理研研究会の開催申請は12月、開催確定は3月となっております。それではみなさま、また来年お会いしましょう!


「よくわかるフリストンの自由エネルギー原理」作成しました

スライド「よくわかるフリストンの自由エネルギー原理」を作成してslideshareにアップロードしました。

よくわかるフリストンの自由エネルギー原理 from Masatoshi Yoshida

このスライドは栢森情報科学振興財団 第17回 Kフォーラム2017での発表をもとにして作成しました。そのときのスライドの構成は「1) 盲視についての吉田の研究の紹介 2) 自由エネルギー原理についての直感的な説明 3) 自由エネルギー原理を意識の理論にするためには」という3パートからなっていて、今回のスライドは2)の部分に該当します。3)についてもそのうち発表したい。

このスライドは以前作成したスライド「アクティブビジョンと フリストン自由エネルギー原理」の更新版と捉えていただけるとよいかと思います。以前のスライドについてはブログ記事(「セミナー「アクティブビジョンと フリストン自由エネルギー原理」スライドをアップロードしました」)にさらに情報があります。その当時は自由エネルギーの式をさらに簡略してあって、それだけ見てもどう自由エネルギーが計算できるかわからなかったのですが、今回は単純なケースではあるけれども、実際に自由エネルギーの値を計算しています。

FEPを正確に理解するためには機械学習(変分ベイズ)、そしてニューラルネットワーク(確率的勾配降下法)についての知識が必要となります。しかしそもそもそこまでしてFEPを理解する意義があるか、判断の材料を提供するために、神経科学者、心理学者、哲学者に向けてFEPの最小限の理屈を説明したい、というのが本スライドを作成した動機であります。そういうわけで、この説明では(世界一)単純化した例を用いているということを承知しておいていただきたい。

私自身はFEPをどのくらい重要だと思っているかというと、批判的に継承したいと考えていて、Kフォーラムでは3)の部分でその話をしました。そのうちそちらもまとめる予定。


最尤法、MAP法、ベイズ推定についてのまとめ

ずいぶんと昔の話なのだけど、「比率のデータにエラーバーを付けたいんだけど」っていう記事を作ったときに、最尤法でも尤度関数の分布を使ってエラーバー(ベイズ的なcredible interval)を付けることができるよね、というのをやったことがある。そのときどうもしっくりきてなかったことを整理してみる。

最尤法の具体例として(この例自体は今回の話に必須なわけではないが)、二項分布でコインの表裏を で表現するとして、n回のコイン投げデータ が確率モデル(二項分布)のパラメータ (コインの表が出る確率)の尤度関数

となる。最尤法ではこの尤度関数 の最大値となるパラメータ を推定する。

これはベイズの枠組みで言えば、無情報のprior を使って計算したposteriorの分布の最大値となるパラメータ を推定することと等価だ。

いっぽうでベイズ推定の場合には、尤度そのものを使うのではなくて、ベイズの定理からposteriorの分布を推定している。

もしここで点推定したければ、

となる。

こうしてみると、posteriorの分布を推論する(inference)ところと、そのあとパラメーター を点推定(estimate)するところを分けて整理できるなと思った。

さっそく作ってみた。

MLE.001s.png

こんなかんじ。ベイズの定理に基づいてposteriorの分布を推論(infer)する方法に対して、priorの情報を使わない尤度を用いた方法がある。どちらもパラメーター の推測(estimate)を行う際には、最大値を採用する方法や期待値を採用する方法がある。

尤度関数の分布を求めた後に最大値を採用する方法が最大尤度法MLE(maximum likelihood estimation)であり、ベイズの公式でjoint probability (=generative model)の分布を求めた後に最大値を採用する方法がMAP法(maximum A posterior)だと。

つまり最大尤度法MLEという言葉を私が気持ち悪いなあと思ったのは、尤度関数を計算するところと、最大値を推定するところとが両方いっぺんに入っているからだということがわかった。「分布関数を計算する尤度推測(likelihood inference)」とそのあとの「最大値を採用する点推定MLE」みたいな言い方をするほうが混乱しなくていいんじゃないの?

なんか、MLEは点推定するけど、ベイズは点推定しないみたいな言い方はmisleadingだと思っていたので。

もちろんこれはベイズ史観であって、MLEを作ったフィッシャーの狙いとは異なるからこんな言い方はしないんだろうけど、そういった歴史的経緯以外にこの捉え方でまずいところってあるんだろうか?


でもってじつは本題は、このように整理すると、さらにhidden variable があるときのEMアルゴリズムと変分ベイズを並べることで2*2のマトリクスが作れるよって話だった。でもそこまで図を作る前に息切れしてしまった次第。


ところで、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、 の関数であって、同じ一つのグラフの上に書ける。

それは当たり前のことなんだけど、式を字面だけ読んでいると、なんだか の関数であるような(ぼんやりとした)勘違いをしてしることに気がついた。もちろん、べつに条件付き確率の左右にはどちらがgivenかといったそういう意味があるわけではない。


お勧めエントリ

  • 細胞外電極はなにを見ているか(1) 20080727 (2) リニューアル版 20081107
  • 総説 長期記憶の脳内メカニズム 20100909
  • 駒場講義2013 「意識の科学的研究 - 盲視を起点に」20130626
  • 駒場講義2012レジメ 意識と注意の脳内メカニズム(1) 注意 20121010 (2) 意識 20121011
  • 視覚、注意、言語で3*2の背側、腹側経路説 20140119
  • 脳科学辞典の項目書いた 「盲視」 20130407
  • 脳科学辞典の項目書いた 「気づき」 20130228
  • 脳科学辞典の項目書いた 「サリエンシー」 20121224
  • 脳科学辞典の項目書いた 「マイクロサッケード」 20121227
  • 盲視でおこる「なにかあるかんじ」 20110126
  • DKL色空間についてまとめ 20090113
  • 科学基礎論学会 秋の研究例会 ワークショップ「意識の神経科学と神経現象学」レジメ 20131102
  • ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会レジメ 20130628
  • Marrのrepresentationとprocessをベイトソン流に解釈する (1) 20100317 (2) 20100317
  • 半側空間無視と同名半盲とは区別できるか?(1) 20080220 (2) 半側空間無視の原因部位は? 20080221
  • MarrのVisionの最初と最後だけを読む 20071213

月別過去ログ