「ズモフ/バルーン型投光機/ビュッフォン」(さうして、このごろ2018年1-3月版)

「コチュジャン・エクスプレス」ってのを考えた。めっちゃ辛い。そしてめっちゃ速い。なにそれ。

「かわいそうなウーゾ」ってのを考えた。どんな善良な人にも嗜虐心を抱かせる過酷な宿命からウーゾは**するのだけど、それはお星様も誰も、読者さえも見ていなくて、読者が読まされていたものは実はべつものであり、あらゆる嘆きは届かず、記憶にも留められず、すべてはなかったことにされるの。

帰り道を見てみたら知らぬ間に雪が降って、そして止んで、道路は真っ白に薄く雪が積もっていて、雲は去り空が見えている。ともあれ自転車を転がしながら、転ばないように細心の注意を払い、ゆっくりと長い坂を登り、そして下り、なんとか家まで帰ってきた。

"LAY YOUR HANDS ON ME"を聴いて感涙していたら、急に「全ての言葉はさよなら」ってのがどういう意味だかなんかわかったような気がした。「全ての言葉はこんにちは」ということは決してないのだな。

車で皆既月食の見やすいところを探してTSUTAYAとかコンビニの駐車場とか行ったけど、だれも皆既月食に興味を持っている様子はなくて、なんだか独りで無邪気に月探している俺おっかしいなとか思いながらスマホで写真を撮った。

DU3__6CVQAAthk1.jpeg

ふと思い立って「ズモフ」で調べてみたらプロレスラーにバック・ズモフ(Zumhofe)という人がいるのを知った。って以前書いたような気がするが、記録が残ってない。デジャヴ?

「お祖父さんが作ったドールハウスが泣けるほど昭和の住宅だった」ははあ、コレジャナイロボ案件ね、と脱力笑いネタと思って読みすすめたら「お祖父さんの夢を形にした家なのかも」というところで感涙してしまった。

年度末になると道路工事が増えるけど、夜に使う「バルーン型投光機」がなんか怖い。あれ見るとギョッとする。真夜中にビルの間から半月が現れたのを見かけるとギョッとするけど、たぶんそれと同じ理由。


ある種の「優美さ」を尊ぶ人からは私は無教養でがさつな人間だと思われるのだということをひさびさに思い出した。研究者の中で生活しているとほとんど忘れてしまうのだけど、立ちふるまい、言葉遣い、身につけるもの、そういうものを見て即座に他人を評価する人達がいるのはアタリマエのことだった。

俺が普段の会話でもn=1で一般論に持ち込もうとする話を聞くのが耐えられないのと同じように、ある種の人は猫背で歩いたり箸の使い方が下手だったりするのを見るのが耐えられなかったりするのだろう。


車の中で「1,2,3,4,5,6,7,休, 1,2,3,4,5,6,7,休, 1,2,3,4,5,6,7,休, 1,2,3,4,5,ビュッフォン」っていうジングルを考案して精神統一を図った。

って書いてみて気づいたけど、"You never give me your money"のアウトロのパクリだな。ギャフン。じゃなくてビュッフォン。


淀から八幡市のところ、めちゃ楽しいな。巨大な列車基地があって、無茶なカーブがあって、いい感じの河川があって、ケーブル支線があるって、アトラクション盛り込み過ぎだろ。<=鉄ちゃん

エクストリーム帰宅を成功させて21時30分には名古屋駅に到着したが、驛麺通りはすでに終了だった。そういうわけで夕食は岡崎西友の割引弁当に確定した。


もしポプテピピックOPの「パラレルワールド旅して 鏤める願いに気付いて」が壮大な伏線で、この伏線が最終回で回収されたりしたら感動して泣く自信があるが、そんなことはけっして起こらないだろうと思っている。(<-「脚本の人そこまで考えてないと思うよ。」のコピペを思い出しながら)

「おお、おお、おお、俺の『ネコちゃん警察署捜査本部』よ、いったいぜんたい、どこへいっちまったというんだい?」(reprise)

寿司食いたい。他人の金で。雲丹ばかり注文して呆れられたい。

鰻食べたい。他人の金で。入店してから一時間かかるような老舗で、待っているあいだにビール2本空けてお腹いっぱいになって、やっと出来上がったやつを端っこの方だけちょっと食べてあと全部残したい。でもこの望みはかなわないだろう。なぜなら鰻はもう10年前に絶滅してしまったのだから(<-未来人)。

スバカマナで恒例のアニバーサリーバイキングをやっていたので子どもたちと行ってきた。5種類のカレーは辛くないけどそれぞれ味わい深いし、チーズナンはいつもどおり美味しかった。こういうのでいいんだよ こういうので

最終回見た。「パラレルワールド旅して 鏤める願いに気付いて」マヂでループもの的な伏線回収があったのでたまげた。


「ズボラッティ/ヨシダルシダ」(さうして、このごろ2017年10-12月版)

「立憲」付くと明治っぽいよね。カイゼル髭はやしたい。海に太陽が溶けこみ、太陽に向かって鳥が溶けこむ。アトラース神の豪腕が大地を踏みしめ天空を支える。

カラオケ屋で「俺がサザーンマン歌うから、お前は次にスイートホームアラバマ歌ってくれ」みたいな打ち合わせしてみたい。思い出のレコードと、大げさなエピソードを…

こないだのKフォーラムのときに「ニューヨーク・シティ・ボーイ」歌ったのに、このネタ振るの忘れてた。次回はぜひ「スイートホームアラバマ」を「スイートホーム岡崎」でキメてみたい。

「クロマニヨン」にはフランス語テイストを感じるなと思って綴りを調べてみたら"Cro-Magnon"だったので思わずうっとりとした。


「1・2のアッホ!!」のことを数十年ぶりに思い出した。そして忘れる。

「pooneilさんのもやもやクリニック」ってのを考えた。モヤモヤしてるの。しかもべつにそれを治療してくれるわけでもない。ただただモヤモヤしてる。迷惑〜

雨の中を自転車で帰るときの「実存スケール」とは、軽い順に1) 雨降る前の空気の臭いで気分がいい 2) 霧雨じゃ、濡れて帰ろう、と武士を気取ることが出来る 3) 雨の中で傘もささずにスマホをいじる英国紳士を気取ることが可能なくらい 4) 悲壮感の中にも濡れながら走るヒロイズムにひたれる 5) なんでこんなバカな選択をしたのか、自分に腹が立つ、となってます。

「デイドリームおとうちゃん」ってのを考えた。ずっと夢を見て、今も見てるの。(<-寝ろ!)

ワイルダー、と言ったらペンフィールドです。ではスペンサーと言ったら?」「ドライデン!」「正解!」まで書いてから調べてみたらスペンサー・ドライデンは2005年に亡くなっていることを知った。

ドノヴァンの"Wear Your Love Like Heaven"の歌詞にはいろんな色が言及されるんだけど、rose carmetheneってのがどんな色かわからない。ググるとドノヴァンの歌詞ばかりヒットする。画像検索からすると、サルビアの花的な色?

次男が自作のチェスを持参して勝負に挑んできたので受けて立ったが、完全に負けた。将棋でもオセロでも負けたことがなかったのに。もう俺から教えてあげられることは何もないな!

「ズボラッティ」ってキャラを考えた。いいかんじにヒゲなの。でもミラーニューロンとか発見してない。ズボラだから。こりゃ参ったネ!


ウィキペで「ロビン・ダンバー」の項目を読んでいたつもりがいつのまにか「エインズレー・ダンバー」の項目を読んでいて、気がついたらキャブテン・ビーフハートの"I’m Gonna Booglarize You, Baby"を聴いてた。(<-よくある)

次男がこういうメロディーの曲をiPodに入れたいんだけど、と歌いだしたので、ヲヂさんイマドキの歌はわからんがなーと聞いてみると、「残酷な天使のテーゼ」だった。それはさすがに知ってた。

「俺の懐のオムネティクスが火を噴くぜ」(<-世界初プレクソン自由律俳句)

ヨシダルシダ、ってのを考えた。カメラじゃなくて吉田が丁寧に書き写してくれるの。べんりー

今日で私のナイター練習手伝いは最終回。こうやってガッツリ次男のイベントに付き合うことも今後あまりないだろうと考えると感慨深い。ともあれ怪我しなくてよかった(私自身が)。毎回左膝が痛くなっていたが、今日は右膝もキタ。無理しないように気をつけて、ギリギリ大事には至らずに済んだ模様。


「遮断器のない踏切、信号のない横断歩道」ってフレーズを考えたが、あんまり語呂が良くない。

次男がマラソン大会で活躍したお祝いに寿司へ(回転するやつ)。栄光に向かって陽のあたる坂道を駆けのぼっておられる。いっぽうでその父ちゃんはといえば、うだつの上がらない惨めな生活を未練がましく続けては、緩慢な死へジリジリと向かっておる。

俺も宮廷薬剤師になりたいなー(<-人生に迷ってる)

「再生核ヒルベルト空間」ってものものしくて好き。「ヒルベルト先生、核を再生しちゃったんですか?!」って聞きたくなるよね。

ひさびさに"Travel is dangerous"を聴きながら打ちひしがれている。いま聴くべき曲ではなかった。


「ニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーNEUTRINO」使ってみた

音楽作るのが趣味なもんで、ボーカロイド2(初音ミク)が発表された2007年の夏にはデモソングを聴いて衝撃を受けて、発売すぐに購入して自作曲とか作ってた。(たとえばsoundcloudに上げたシューゲ曲とか。)

その後も断続的にはボカロいじってきたのだけど、年に数回くらいの頻度で使わないのでいつまで経っても上達しなかった。ボカロでは「調声」といって、たとえば急激なフォルマント変化でケロケロ音のような人間的でないロボ的な歌い方をするのを直すテクがあるのだけど、そういうのも習得せず、基本midiキーボードで弾いたのをクォンタイズしただけ、みたいな使い方をしてた。

そしたら今回「ニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーNEUTRINO」というのが発表された。(ネットの反応はこちら:togetter) 無料でダウンロードできる。製作者のブログからデモソングが聴けるのだけど、これがすごい人間らしく歌ってる。そういうわけで即ダウンロードして試してみた。

ダウンロードするとサンプルの楽譜ファイル(たとえばsample1.musicxml)が入っているので、製作者のブログに書いてあるとおりRun.batを実行すると1-2分かけて音声ファイル(たとえばsample1.wav)が生成される。

じゃあまずいちばん簡単なところで「カエルの歌」から入力してみるかと、MuseScore (こちらも無料ソフト)をダウンロードして、チュートリアルの動画を見てやり方学んで、楽譜入力して、非圧縮MusicXMLファイル形式(kaeru.musicxml)で保存する。これをNEUTRINO > score > musicxml > のフォルダに放り込んで、Run.batをエディタで開いてBASENAME=sample1を新しい楽譜のファイル名BASENAME=kaeruにリネームする。ほかは一切いじらない。これでRun.batを実行したら、問題なくwavファイルができた。

ではさっそく曲を作ってみようと、Ableton Live (Lite 10)でシンプルなバックトラックを2小節分作る(Am-Bmのくりかえし)。それからバックトラックをループさせて、Dドリアンのスケールでメロディーを12小節分ラップトップのキーボードで入力した。メロディーだけmidiクリップとして書き出す(図の"8 Philly Lead"というやつ)。

screenshot0227a.png

こうしてできたdorian.midをMuseScoreで開いて歌詞を入力する。

screenshot0227b.png

これを非圧縮MusicXMLファイル形式(dorian6.musicxml)で保存して、おなじくRun.batを実行するとwavファイルができる。

でもここで問題が発生した。歌声がぜんぶブレス音(呼気)だけになって歌声になってない。試行錯誤の末これは音域の問題であることが判明。楽譜ファイルを一オクターブ下に転調したら解決した(貼ってある画像は転調後のもの)。

その後もキーボードで手弾きしただけだと32分音符とかがあったりして、こういうのはうまく発声してくれないことがわかった。そういうわけでいわゆる「調声」はしていないのだけど、音域と音の長さ(休符も含めて)をいじるのにちょっと時間がかかった。(Run.batを一回走らせるのに2分かかるので、ここの往復作業でトータル1時間くらいかかった。)

それでも最終的には問題なく音声ファイルdorian6.wavが出来上がったので、それをAbleton Liveに貼り付ける。昔のPiapro Studioがない時代にボカロ曲を作るときと同じ要領。

そのままでも曲として成り立っているのだけど、いちおうボーカルにはリバーブかけて、masterでコンプかけて完成版ができた。Soundcloudにアップしておいた:

すげー歌えててびっくりした。上の楽譜見ればわかるようにベタ打ちなのにフレーズの終わりごとにちょっとしゃくりあげてる。アニソンというかアイドルソングの文法な。(これに気づいたので、フレーズごとに休符を入れて、のっぺりと歌わないようにした。) あと0:24-0:26あたりとかすごくない?なんか「節回し」というか歌ってくれてるよね。ベロシティとかもまったくいじってないのに(ぜんぶ同じ100のまま)。

というわけで、しばらくneutrinoいじってみる予定。といいつつ次使うのは半年後だったりするんだけど…


熱力学の再勉強中。

ここ最近Fristonの自由エネルギー原理FEPについて自分で勉強したり、各地で講演したり、生理研でチュートリアル・ワークショップを開催したり、とさまざまな活動をしてきた。

FEPでは、ベイズの法則による事後分布の計算を変分ベイズでやるために情報理論で言うところの「変分自由エネルギー」を最小化する。(機械学習ではELBO evidence lower boundという呼び名のほうが浸透しているだろう。)

FEPが興味深いのは、環境と相互作用するagentの内部状態がどのように時間発展してゆくかを決定づける変分原理としての役目を果たすかもしれない、という点だ。この点がFEPの特異かつ怪しい部分であって、もしFEPがただの「ベイズの事後分布の簡便な計算法」であるならば自由エネルギー「原理」と銘打つ根拠がない。

先日京大・生命科学の本田直樹さんが企画した国際シンポジウム "COMPUTATIONAL PRINCIPLES IN ACTIVE PERCEPTION AND REINFORCEMENT LEARNING IN THE BRAIN"に参加して、ドイツ ウルム大学のDaniel Braunの連続講演を聞いてきた。

彼は物理的な意味での(ヘルムホルツの)自由エネルギーの最小化を発想の元にして、知覚と行動の統一理論として自由エネルギー最小化を提唱している。Daniel Braunの自由エネルギー原理も発想は違うけど結果としてFristonのFEPと同じものを最小化している。以下の2つの論文が基本理論で、ここから様々な応用をしている。

  • Ortega PA, Braun DA (2013) Thermodynamics as a theory of decision-making with information-processing costs. Proc R Soc A 469: 2 LINK
  • Genewein T, Leibfried F, Grau-Moya J and Braun DA (2015) Bounded Rationality, Abstraction, and Hierarchical Decision-Making: An Information-Theoretic Optimality Principle. Front. Robot. AI 2:27 LINK

そういうわけでDaniel Braunの論文も読んでいるところで、そのう ちまとめておきたい。それはまた今度。


でもって今回の本題なのだけど、そんなこんなで、そろそろ情報理論での変分自由エネルギー最小化と熱力学、統計力学でのヘルムホルツ自由エネルギーの最小化との対応付け(がそもそもあるのかを含めて)をちゃんと理解しておく必要があるなと思った。

いや、いちおう大学1,2年のときに熱力学、統計力学の講義があって、試験もパスしてはいるのだけど、一夜漬けでぜんぜんダメな成績だった記憶がある。そのあとブルーバックスとか読んではいたのだけど、熱力学を歴史を追って説明するというストーリーで毎度挫折していた。そこでそれとは異なるアプローチで、しかも定評のある「熱力学 ― 現代的な視点から」田崎晴明 培風館 を読むことにした。

この本では、(じつのところ見えない存在である)熱Qの概念からスタートするのではなくて、(計測可能な)仕事Wの概念からスタートして、熱力学を再構成するという話の運びになっている、というところまでは以前調べて知ってた。それでこの三連休を使って1章から7章のヘルムホルツ自由エネルギーの最小化までとにかく読み進めた。

でもって読みっぱなしだと頭に残らないので、こういうときはとったノートをまとめて公開できるように形を整えてみるのがよいだろう(ブログのネタにもなるし)、と考えてまとめノートを作ってみた。まずこちらがA4一枚に収まるように作成したチートシート的なもの。(画像からPDFにリンクしてある。)

Thermodynamics4thumb.png

もうひとつが9ページ分でまとめた、よりノートらしいノートになってます。こちらはSlideShareにアップしておきました。

熱力学の初歩まとめ 20200224 吉田正俊 from Masatoshi Yoshida

この分量を作るだけでもけっこうな時間がかかった。まだ本文を飛ばしながら読んだだけで、繰り返し読んで、例題を解いてゆくことでさらに理解が深まるわけでまだ先は遠い。熱力学自体の勉強としても相転移くらいまでは理解しておきたいし(臨界現象は生物の理論的にも重要そう)。

やってみて再確認できたのは、けっきょくのところ熱力学でのエントロピー、自由エネルギー、といったものは平衡状態でのみ定義可能なものであって(途中の過程自体は平衡であり続ける必要はないけど)、それを生物のような物質の出入りがありながら構造を保ちつづけている非平衡定常状態NESSに単純に当てはめるわけにはいかない。非平衡でのエントロピーをどう定義するか自体が現在でも課題であり、このあたりの進捗をフォローできるように勉強しておく必要があると思った。(FristonのParticular Physics論文でもNESSとマルコフブランケットから話が始まった。)

そして情報理論での変分自由エネルギー最小化との対応付けという意味では本丸は統計力学の方なのだけど、こちらについてはここさいきん渡辺澄夫「ベイズ統計の理論と方法」を読み進めたので、また別の記事を作成できたらと考えている。そちらはまたの機会に。


北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)の博士研究員の募集を開始しました

1月から北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)に特任准教授として異動しました。1月から3月の間は札幌と岡崎の往復生活です。

今は仮の住まいで文学部の中に居室を置かせてもらってます。CHAINじたいは文学部とは独立した組織ではあるのだけど。

札幌は何年ぶりかの暖冬で、ここしばらくは1月なのに道路に雪がないという異常な状態でしたが、今週は雪が降って真っ白になってます。


さて本題ですが、吉田ラボでマーモセットを対象とした神経科学的な研究をメインでやっていただく博士研究員を1名募集しています。所属は北海道大学の人間知・脳・AI研究教育センターとなります。研究期間は年ごとの更新ですが、最長で革新脳が終了する2024年3月までです。

募集要項が北海道大学の採用情報のところに掲載されました。募集要項のPDFファイル。明日にはJREC-INでも配信されるはずです。募集方法などの詳細については、吉田のCHAINでのwebサイトにある「博士研究員募集のページ」をごらんください。

もし札幌近郊にお住まいの方で興味のある方がおられましたらお早めにご連絡ください。今度2/6に北海道大学でセミナーを行いますので、その前後で詳しいお話をすることができます。

もちろんこの機会に札幌行くぞって方、留学中で帰国予定の方も大歓迎。博士号取得見込みで4月からの行き先を探している方は応募を検討してみてください。よろしくお願いします。


お勧めエントリ

  • 細胞外電極はなにを見ているか(1) 20080727 (2) リニューアル版 20081107
  • 総説 長期記憶の脳内メカニズム 20100909
  • 駒場講義2013 「意識の科学的研究 - 盲視を起点に」20130626
  • 駒場講義2012レジメ 意識と注意の脳内メカニズム(1) 注意 20121010 (2) 意識 20121011
  • 視覚、注意、言語で3*2の背側、腹側経路説 20140119
  • 脳科学辞典の項目書いた 「盲視」 20130407
  • 脳科学辞典の項目書いた 「気づき」 20130228
  • 脳科学辞典の項目書いた 「サリエンシー」 20121224
  • 脳科学辞典の項目書いた 「マイクロサッケード」 20121227
  • 盲視でおこる「なにかあるかんじ」 20110126
  • DKL色空間についてまとめ 20090113
  • 科学基礎論学会 秋の研究例会 ワークショップ「意識の神経科学と神経現象学」レジメ 20131102
  • ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会レジメ 20130628
  • Marrのrepresentationとprocessをベイトソン流に解釈する (1) 20100317 (2) 20100317
  • 半側空間無視と同名半盲とは区別できるか?(1) 20080220 (2) 半側空間無視の原因部位は? 20080221
  • MarrのVisionの最初と最後だけを読む 20071213

月別過去ログ